あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

シュモール:"馬車の小さな運転手"ギャロップ(作品50-5) 

 

フランスで活躍した作曲家、アントン・シュモール(1841-1931)
"若いピアニストの贈り物:進歩的で旋律的な25のレクリエーション"作品50より
第5番"馬車の小さな運転手、ギャロップ / Le Petit Postillon, Galop"を弾きました。



全5部のうち、第1部の最後の曲です。
ハ長調、2/4拍子。形式は前奏-A-B-A-[Coda]。
ブリュッセルのピアノ教師、A. Wouters夫人の若い生徒に。

"Postillon"は星座のぎょしゃ座で言葉が使われる"御者(馭者)"に相当するそうで
馬車使いや、馬を使った郵便配達人の意味のようです。

軽快な曲調と物語のような構成が楽しいです。

前奏はラッパの音で出発進行な感じでしょうか。
A部は軽快な馬の足音、B部は揺られながらゆったり進んで行くイメージです。


- - - - -

この曲も結構楽しみながら弾くことが出来ました。

楽譜には、前奏と主題の間の複縦線にフェルマータが付いていますが
それ以外の指示がないので普通に停まりきっています(汗)
rit.でも良かったかもと一時考えましたが。ムムム...

第1部の5曲がやっと済みました~(o´▿`o)
最後にギャロップという曲種は嬉しいですね。

category: シュモール,A

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  A.シュモール 
tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

最近多忙なものあってなかなかコメントできませんが、録音はすべて聴かせていただいてます。
シュモールの曲 いずれも可愛らしいですね。
初心者雨向けの曲でも手抜きなしで、細部まで丁寧に表現しようとしているのがよく伝わってきます。
そして、写真がいずれも曲のイメージにあっているのにも感心しています!これはご自分で撮った写真ですか?私はいつもネットのどこからから拾ってくるのですが(苦笑)自分で撮った写真だったらもっといいのになあと、実は思ってます。

私はタワシ #5eVrhZok | URL | 2017/02/27 07:39 | edit

Re: 私はタワシさん

いつも聴いて下さってありがとうございます(^▽^)

これまでのシュモールの5曲は小さい子向けな可愛い曲ばかりですね。
それゆえに、いざ弾くとなると表現力が明らかになるので、かなり慎重にはなりました(笑)
そうした部分で少しでも曲を引き出せるようにと思ってましたが
感じ取って頂けたようでよかったです~。

今回のOp.50の写真は自分で撮ったものとネット上のものが混ざっています。
この第5番のオオイヌノフグリや前回の第4番のサザンカは自分で撮りました。
自分で撮るとイメージに合う構図に出来る点が良いですが
花だと、特にバラなどは場所や時期が違うとネットに頼るしかない場合が多いです。

空苑 #vGlVlIPI | URL | 2017/03/01 17:00 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://sorazun.blog.fc2.com/tb.php/502-6a2a14f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top