あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

シュモール:"馬車の小さな運転手"ギャロップ(作品50-5) 

 

フランスで活躍した作曲家、アントン・シュモール(1841-1931)
"若いピアニストの贈り物:進歩的で旋律的な25のレクリエーション"作品50より
第5番"馬車の小さな運転手、ギャロップ / Le Petit Postillon, Galop"を弾きました。



全5部のうち、第1部の最後の曲です。
ハ長調、2/4拍子。形式は前奏-A-B-A-[Coda]。
ブリュッセルのピアノ教師、A. Wouters夫人の若い生徒に。

"Postillon"は星座のぎょしゃ座で言葉が使われる"御者(馭者)"に相当するそうで
馬車使いや、馬を使った郵便配達人の意味のようです。

軽快な曲調と物語のような構成が楽しいです。

前奏はラッパの音で出発進行な感じでしょうか。
A部は軽快な馬の足音、B部は揺られながらゆったり進んで行くイメージです。


- - - - -

この曲も結構楽しみながら弾くことが出来ました。

楽譜には、前奏と主題の間の複縦線にフェルマータが付いていますが
それ以外の指示がないので普通に停まりきっています(汗)
rit.でも良かったかもと一時考えましたが。ムムム...

第1部の5曲がやっと済みました~(o´▿`o)
最後にギャロップという曲種は嬉しいですね。

category: シュモール,A

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  A.シュモール 
tb: 0   cm: 2

△top

音源アップの技術的な悩み 

 

録音をまた上げようと思っていますが、音量を大きくしようかなとか思ってます。

けど、、、過去の録音はけっこう音が小さめで、前にローデか何かで音量上げを試みましたが

やっぱり色々続けて聞く分には差があって、少しびっくりするんですよね~

youtubeにもっと音量のあるファイルに差し替えとか出来たらいいんですけど

曲数的にかなり難しいという(´-ω-`)。。。


取り込んだCDの音量に合わせてたのですが、

もう少し初期の段階で音源の取り込み・編集をしっかりしておけば良かったなぁと思いますね。


注意書きをしても良いかもしれませんが、アップは通常通りで~。

って昔、音量の注意書きはやった気がする。あれ???。゜(゜^▽^゜)゜。

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 0

△top

タマネギ栽培報告(笑) 

 

11月の中頃に苗を植えたタマネギ「アトン」です。

20170213a.jpg
手前のが一番大きいかもしれません。
このマルチシートをすると、しないものと比べると成長が目に見えて良いです。

20170213b.jpg
写真のマルチシートで栽培しているのは50株ほどで、元々の苗が160本だったので
残りの約100本は露地栽培です。露地だと場所によっては全然育ってなかったり(汗)


カリフラワーも育てていて、窒素肥料(葉肥え)をやり過ぎたのか

葉っぱばかりで巨大化して、花芽が出る12月下旬を過ぎたので失敗かと思ってました。

が、先日かき分けてみるとやっと花芽が出来始めてました🌸

なんとかブログにUPできるかなと思います(*´д`*)


ではでは、ありがとうございます~。

category: にっき(畑)

tag: 日記 
tb: 0   cm: 0

△top

今日の日記(02/12) 

 

この休日は愛媛のこちらは雪が積もったりしたので寒いです((゜ロ゜))

明日は晴れだとか。今日も曇りの予報が雪だったのでわかりませんけど(汗)


今日はハンドクリームの、、、どうでもいい(?)変な話です(笑)


毎年冬はハンドクリームは欠かせないのですが

1年くらい前は自分用に変なこだわりで天然系成分のを使ってました。

今期の冬はユースキンA(30g)というのを初めて使ったのですけど

今までで一番なじみやすくて良い感じに思いました。


なんというか、天然系と石油系なら天然系の方が良い!って

昔の癖なのか勝手に思い込んでいたことに気づいだ感じです。

よく考えると天然成分でも商品にするには天然から採るのでは足りないわけで

石油もモトモトは天然の完全100%なんですよね~。


CDケースもPCも身の回りはプラスチックだらけなわけで

ハンドクリームももとは自然の恵みで、しかも遠路遥々自分のもとに

やって来てくれたことに、なぜか今頃感謝感激してしまっています (ドン引←


自分は変な人かって感じですけど

今、なぜだか言ってみたかったので、書き起こしてみました~。


ありがとうございますo(`・ω・´)o

category: にっき

tag: 日記 
tb: 0   cm: 0

△top

A.シュモール:"エマ、ワルツ"(作品50-4) 

 

フランスで活躍した作曲家、アントン・シュモール(1841-1931)
"若いピアニストの贈り物:進歩的で旋律的な25のレクリエーション"作品50より
第4番"エマ、ワルツ / Emma, Valse"を弾きました。



エマと女性の名前が付いたワルツです。第2番から3曲が女性名ですね。
ハ長調。3/4拍子。形式はA-B-A-C-[coda]。
スヌッフ(ベルギー)の音楽教師、友人Ch. Latinisの若い生徒に。

メロディの右手に6度などの重音が出てきます。

この曲になると、前曲よりも曲の感じがつかみやすくなってきました。
前曲のショッティッシュとは違い、馴染みのあるワルツという曲種ですし
結構それらしいワルツ感(?)を感じました。

各部分も性格がしっかりしているので、それぞれの対比が楽しめます。


- - - - -

次の第5番は、25曲からなる全5部のうち第1部最後の曲です。
ので女性名のタイトルではないようです。

それにしても楽譜はフランス版を使っていますが、アーティキュレーションが
一つもなく、運指もたまに変なのもあったりで、ちょっと悩みます

2日の録音なのに合わせる画像で時間がかかってしまいました~(汗)

category: シュモール,A

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  弾いてみた  A.シュモール 
tb: 0   cm: 0

△top

今日の日記(02/02) 

 

うわ~。もう2月ですね(汗)。空苑です(`・ω・´)

もうすぐ新しい録音をあげられると思います~。

といってもA.シュモールのOp.50の続きで初級曲ですけど。(^▽^;)

2ページの初級曲なのに練習1か月っていうのもですが。。。(滝汗)


最近は更新できてないので、練習してないんじゃないかみたいな

感じがありますが、ちゃんとしてますよ!(`・ω・´)

今、練習中の曲目を公開すると~

A. Schmoll Op. 50 No. 4, No. 5.
S. Joplin 1曲
T. Bądarzewska 1曲

~です!4曲(笑)

絶対UP!する予定ですし、シュモールのNo. 4がすぐUPの予定ですので

お楽しみに(?)お待ちください~(^▽^)

Joplinは流行の「ペンを差す」のから選曲しました(笑)

あと2か月?ですか。これだけは何としても上げたいのですが、どうなりますかね~。


ではでは、居ます報告でした!

ありがとうございます。

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 0

△top