あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

そういえば。。。 

 

20160623.jpg

畑の緑肥ライ麦の「ライ太郎」が麦秋を迎えました(゜▽゜)

といっても1か月くらい前にはほとんどが刈り時だったのですけど

写真は今になってしまいました~

なんというか、結構鋭い見た目。麦わらの茎の部分と穂を離してから

脱穀しようと色々試しましたが、これが難しくて全然種が外れません(笑)

そこで穂ごと土に埋めておいたら見事に発芽しているようですし

脱穀せずに保管したほうが扱いやすいと思いました。


茎の麦わらの部分もカボチャに敷いたりしてますがもっと量が必要かなと

実際使うと思いますが、畑の空きスペースで育てるので

今回はできてよかったくらいに思わなきゃですね(`-ω-)q


- - -

それにしても今年の梅雨は集中的に降りますね~。

なんだかその間の晴れ間もかなり暑いですし

畑をしていると、今年の夏もどんな天候になるのかと思いますねー(´ω`)

category: にっき(畑)

tag: 日記 
tb: 0   cm: 0

△top

A.シュモール:"ブランシュ、ポルカ"(作品50-3) 

 

引き続き、フランスで活躍した作曲家、アントン・シュモール(1841-1931)
"若いピアニストの贈り物:進歩的で旋律的な25のレクリエーション" 作品50より
第3番"ブランシュ、ポルカ / Blanche, Polka"を弾きました。


写真は第1番と同じく借りものです(^▽^;)

ブランシュも第2番と同じく女性名。
ハ長調、2/4拍子。ロンド形式、A:||BACA[Coda]。
ブレーヌ=ル=コント(ベルギー)の音楽教師、友人Élie Dehaspeの若い生徒に。

C部はハ長調の3曲目にしてやっと短調部分(平行調のイ短調)が現れます。(00:50)

- - - - -

ポルカというと、ブンチャ♪ブンチャ♪ブンチャッチャ~♪みたいな伴奏を
思い浮かべますが第2番と同じリズム(ブンチャッチャ~の繰り返し)です(-▿-;)

今回の演奏はなんだか、少し機械的になったかなと思いました
強弱の変化がもうちょっと欲しかったかなとか。微妙なところですね(笑)


それから第1,2番の献呈先のフランス語の訳を間違えていました
「生徒の○○に」ではなくて「○○の生徒に」でしたm(_ _)m。多分。(ぇ)

ここで一旦、この作品50の続きはお休みします~。

category: シュモール,A

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  A.シュモール 
tb: 0   cm: 2

△top

A.シュモール:"マチルド、ショッティッシュ"(作品50-2) 

 

前回に引き続き、アントン・シュモール(1841-1931)
"若いピアニストの贈り物:進歩的で旋律的な25のレクリエーション" 作品50より
第2番"マチルド、ショッティッシュ / Mathilde, Schottisch"を弾きました。

マチルド(マティルド)は女性の名前で、ショッティッシュは舞曲の一種だそうです。
ハ長調、2/4拍子。ロンド形式のABACA[Coda]。
Triaille氏の若い生徒に。


スイセンノウ(フランネル草)

- - - - -

このまま続けようか、どうしましょう(汗)

Schottischは大体「スコットランド風」ですが、舞曲なのでSchottischeのほうですね。
あまり日本では馴染みがないですケド、2拍子でポルカに近いとか。
次の第3番がまたポルカなのですが(笑)

category: シュモール,A

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  A.シュモール 
tb: 0   cm: 0

△top

勝手にWindows 10に。(笑) 

 

20160610.jpg
ヒメジョオン。。。かな?

昨日、ノートPC(Win7)を使っていてWindows10の通知が出たのを

無視してそのまま使っていたら、一気にアップデートが始まって

拒否もできず10にまんまと成ってしまいました(汗)


「これは法的文書です」を拒否すれば戻ると聞いていたのですが

拒否しても、再起動のあと、同じ画面が出てきてループ状態。

強制力が強まっているとは聞いてましたがここまでとは(^▽^;)

10になった後も1か月間は元のOSに戻せるようですが、

このまま改造しながら使ってみようと思います~。


PDFを生成する仮想プリンタなんかが標準装備なのですね。

けどやっぱりWin8からのアプリ優先のデザインは好きになれないかも。

category: にっき

tag: 日記 
tb: 0   cm: 0

△top

ブログ5年目! 

 

20160606.jpg
オレンジ系のマリーゴールド。

ありがたいことに、昨日5日でブログ開始から4年が経ちました!Σ(゜Д゜)

5年目からもよろしくお願いします~。

でもこれからは録音のUP報告くらいの、低めの更新度に

またなるかもしれません(´・ω・`)


そういえば愛媛も梅雨に入りましたね。

ブログを始めたのも、こんな紫陽花の季節でした。

野菜物のカボチャやキュウリも、また休日中の雨で育っておりました。

が、雨だとなかなか畑にも出て行けなくなりますね~。

category: にっき

tag: 日記 
tb: 0   cm: 4

△top

A.シュモール:"ばら、マズルカ"(作品50-1) 

 

今回はフランスで活躍した作曲家、アントン・シュモール(1841-1931)の代表作といえる
"Les Étrennes du Jenne Pianiste, 25 Récréations Mélodiques et Progressives" Op.50
/ "若いピアニストの贈り物:進歩的で旋律的な25のレクリエーション" 作品50より
第1番"ばら、マズルカ / Rose, Mazurka"を弾きました。

ハ長調の3/4拍子。形式はaa-bb-a-cc-Coda。
Vereertbruggen氏の若い生徒に。

かなり早い段階の初級曲で主題A部はワルツにも聞こえますが、
はさまれているB部C部はマズルカの特徴が出てます。




- - - - -

この曲集 作品50は進歩的とあるとおり25曲を5曲づつに分けて
段階的に難しくなっていきます。
その第1曲目ということで超簡単なはずなのですが、
演奏は拍感がやっぱり変?(汗)な感じになってしまいました

まぁ、このくらいで。続く第2番からも弾いてみます。

category: シュモール,A

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  A.シュモール 
tb: 0   cm: 2

△top

6月ですね。 

 

20160601.jpg
ヒメヒオウギ。今年は撮る暇も良いショットもなかなかなかったです~(T▽T)

前の土日は雨だったので梅雨到来かと思ったら平日はずっとお天気です

畑も短い時間ですケド、出て世話が少しは出来てます~(´ω`)

今年は作る面積が少なめで、これから雨が降ると草がすごくなるかも(汗)


ピアノは一応毎日練習できてる感じです。

簡単な曲、というかホントに初級曲を録音に向けてしてます。

初心に帰るというか、苦手だった音名を読みながらの練習など

違った練習アプローチを試しているのです。


ブログは訪問のお返しが出来なかったりしてますが

生活はほとんど普通に戻れています(*'▿'*)


ではでは、また~( -ω-)zzz

category: にっき

tag: 日記 
tb: 0   cm: 0

△top