あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

そろそろ畑 

 

20160227.jpg

エンドウマメが無事に越冬できました(-▽-)

始めて育ててますが、やっぱり雪や寒さに強いですね!

あ、自生のサニーレタスなんかも順調に育ってますよ(笑)


今日はあんまり動けかなかったです(´ω`)

でも、ピアノは曲選びも済んで練習中ですよ~。

category: にっき(畑)

tag: 日記 
tb: 0   cm: 0

△top

アレンスキー没後110年に改めて聴く 

 

今日25日はロシアの作曲家アントン・アレンスキー(1861-1906)の没後110年の日ですね。

といっても、あまり詳しくは知らなかったのですが
音楽家としてはかなり活躍した人物みたいです。

作風はロマン派のようでかつロシアのエスプリ。
少し陰鬱な印象ですが静かな情熱が感じられます。
作品はピアノ独奏以外の室内楽やオーケストラの作品が好まれているようです。
ピアノ独奏曲も多いのですが、日本ではまだ網羅感に欠けるので今後も注目していきたいですね。

ということでどんな感じなのか、独奏曲の有名どころから2曲。


作品36 24の性格的小品より 第4番 「小さなバラード」



作品25 4つの小品より 第1番「即興曲」


難しそう。。。けど弾いてみたいです(*´▿`*)

category: アレンスキー,A

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  A.アレンスキー 
tb: 0   cm: 2

△top

休日はなんかハード~。 

 

20160221.jpg
ハルノノゲシとシロバナタンポポ。

昨日は雨でしたけど用事があって、かなりの遠出でした~_(´▿` _)_

めっちゃ疲れてましたが、晴れた今日は近くの集まり(カウンセリング関係)に予約してて

昼ご飯作ったり、散策したりでした(´▽`;)ゞ

なんか散策で動物とか見せてもらったのですが、今日は晴れた割に

風が強くて寒かったです~(T▿T)


次の曲はフランスで行こうかなぁとか思ってますけど

手頃な曲が見つからないという。。。(笑)

ではでは、短いですケド~( -ω-)zzz

category: にっき

tag: 日記 
tb: 0   cm: 2

△top

暗譜練習の感じ。 

 

20160217.jpg
菜の花咲いてます。

昨日の朝は雪が薄く積もってました。今日も寒かったです(´-`)

暗譜練習してますケド、まぁいい感じだと思います。

もともとの練習と一緒に暗譜の作業を加えただけですが

覚えてると、前回のフライの「川のほとりの水車」で

録音時の安定性が良くなった感じがします✿


が、次に何を弾くかはまだ悩み中です

ドイツばかり弾いてたので、他の国の曲もいいなぁ((*´꒳`*))

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 3

△top

M.フライ:"小川のほとりの水車"(作品77-8) 

 

マルティン・フライ(1872-1946)の「Erholung(休憩,休養)」12の易しいピアノ小品 作品77より
第8番"小川のほとりの水車/Die Mühle am Bach"を弾きました。

第7番に続いて第8番。左手のトリルの様な音が川のせせらぎを表現しています。



ト長調。小さいロンド形式。ABA-C-A-[Coda]

右手のメロディは3度の重音でこちらが水車の様子でしょうか。
主題A部のメロディはいろいろな和音付けが出来るのですが、
左手は主音(G)のバス音を維持し続けます。

B部やコーダで第6音(E)がフラットされるのも特徴的。
中間C部では短調に乗って忙しい様子になりますが、全体的に穏やかな印象です。


- - - - -

一見、個性が薄いようにも感じますが、主題A部は一貫して左手が同じ音型を
とり続けることで、とめどない流れを表現しているのが革新的と感じます。
これはコーダでも聴くことが出来、和声的に曖昧でありながら柔らかさを感じます。

ペダルを加えるとより小川感が出てキレイですが
踏みすぎると性質的に濁りやすいので注意が要りました。
あと、中盤になると弾きにくい箇所が左手に出てきます(汗)

「小川」や「水車」の表現が面白くメロディもキレイな曲ですが
少し難しめな曲でした~(´▿`;)

category: フライ,M

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  M.フライ 
tb: 0   cm: 4

△top

エルメンライヒ記念日をスルーしてしまった件 

 

20160212.jpg
早咲きのキク。ヒナギク属系かな?

今年2月10日は「紡ぎ歌」で名を残すアルベルト・エルメンライヒの生誕200年でした。

1月の初めにこのことを知って、2月に入ったころは覚えていたのですが、

当日から今日まで完全に忘れてました((゜д゜))ぐぬぬ!

最近は借りた本を読んでることが多かったのでネットの時間が減ってたのですよね(汗)


まぁ、新たな情報は自分ではこれ以上は難しかったので

お祝いくらいしかできないのですケド。

でも、家族についてはだいぶ情報がまとまってきているようですね。

アルベルトの娘のFranziskaの情報が一番多く出てくる感じです。

3、4代にもわたって俳優の家系らしいですねΣ(・∀・;)


まぁ、今日はこんな感じで。生誕200年、おめでとうございましたー!ヽ(・▿・)ノ

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 0

△top

暗譜って。。。 

 

次は何を弾こうか悩み中ですー( ・-・).。o


前回もローデの作品でしたケド、ローデはよいですね~!

ほかのドイツの作曲家の教育的な作品も聴いて来ましたけど、

一工夫ある個性が魅力です。お国柄か、ちょっと濃いですケドね(笑)

1曲だけが知られているのが、勿体ないといつも思いますね。

うまく弾ければもっと伝えられることがあると思うので良いのですけどねー。


そう、前回録音しているときに思ったのですが

暗譜をしたことがないなぁと気づきましたΣ( ̄Д ̄ )←イマゴロ

楽譜はいつも譜面立てに置いて演奏してますが、暗譜したらもうちょっと

ミステイクを減らせたり、スムーズに弾けることが出来るのですかねぇ?(・_・;)

というか暗譜ってどのくらい記憶が持つものなのでしょう??


あっ、次の曲で試せばいいだけですね(笑)

ローデと一緒に練習中だった曲がもう一つあるので、来週UPを目標に

試そうかな。でも曲はあまり好みな感じではなかったですケド(汗)

category: にっき

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 2

△top

E.ローデ:「狩人の帰還」作品50-4 

 

今回も「あやつり人形(マリオネット)」で有名なE.ローデの作品を録音しました~。

ローデで前に録音した「バルカロール(舟歌)」(第1番)と同じ作品50より
第4番「狩人の帰還」を録音しました。英題は「Hunter's Return」です。



ヘ長調の6/8拍子。勇ましいホルンの描写で始まります。
(詳しく言うと"ホルン5度"というのが使われて、といいます)

形式的にはa:||ba'-||:c:||-aba''の3部形式で、
最初にAllegretto graziosoという指示がありますが、主題a部のあとのb部(00:37)は
いきなり変イ長調に転調し、優雅というか(狩人なのに)英雄的になるのが斬新です。

中間部c(01:17)は普通に変ロ長調に転調し、メロディが左手にも移るのが特徴。
こちらも少し優雅な感じで、ホルンもときどき顔を見せます。

最後のコーダ(02:50)でもホルンが活躍ながら細かいパッセージで盛大に締めくくられます。


- - - - - - - - - - - -

「バルカロール」と同じく標題的な曲で、またその表現が個性的なところが
ローデの本当の面白さなのかなぁと何曲も弾くうちに思います。

"狩人"が着想の根本ですが、b部を聴くと(自分では)ショパンの
"英雄"ポロネーズみたいな壮麗さがあります。(調が一緒だから?(笑))

あと、ロマン派音楽であることと、ちょっと中級よりな曲なのでなのか
メロディに半音階を混ぜて甘く仕立てているのが、「どんな姿の狩人なのか」を
想像できなくさせるのも、これはこれで面白いです(笑)。

演奏は、もう少し練習が要ったかなと思うところばかりですが
まぁ、それはいつもな感じですね(^▿^

ではでは、こんな感じで~( ・∇・)ノ


今回の楽譜↓
HathiTrust Digital Library - The Music students piano course 3:4 より (1903)

category: ローデ,E

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  E.ローデ 
tb: 0   cm: 2

△top

春に向けて考え中~(-ω-) 

 

20160205.jpg
梅が咲き始めましたね✿寒紅梅かな?

もう2月ですか!o(゜д゜)o

最近はいろいろな形で自分について考えることがあって

そんなしてたらまたブログが空いてしまいました(-ω-)zzz←

あっ!ピアノは練習してますよ(汗)

だいぶ進んできたので来週には録音しようと思います。


それから最近、作曲のアイディアがポンポン出てくる感じですー( `・д´・)♪

なんかよく解らないですが春が近づいているからなのでしょうかね?

なかなか、1つにまとまりはしないのですケド(笑)


短いですが、ではでは~。

category: にっき

tag: 日記 
tb: 0   cm: 2

△top