あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

F.リスト:ピアノ小品 嬰ヘ長調(S.192-4) 

 

2015年最後の録音にフランツ・リスト(1811-1886)の"ピアノ小品 S.192-4"(嬰ヘ長調)を弾きました。



Andantinoの指示があるこの第4番は1876年(64歳)の時の作。

1ページと短く、無駄な音がなくデリケートな曲です。


最後に見せる和声が感動的ですが、どこか儚げで夕陽の輝きのように感じます。

リストというと技巧的な曲が一番に思い浮かびますが、

この曲は時期的には、いわば晩年期の特徴が現れ始めています。

その時期には無調を模索しだすわけですが、この曲の和声は印象派のような揺らぎがあります。

- - -

年末ですね~。

「初日の出を拝む人は多いが、年末の沈む夕陽に感謝する人は少ない」という言葉がありますが

年末になるとこの言葉を思い出して、それにこの曲が付いてくるのですよね。

今回の曲は僕がピアノを始める前くらいに出会った曲です。

当時はMIDIと全集CDくらいしか音源がありませんでした(´▿`*)


まだ、録音数が多いとは言えませんが良い曲です。

自分の演奏は納得できない個所だらけですケド(笑)。フレージングが何回やってもへたくそでした


この録音記事で今年最後かな。

2015年もおかげさまでブログを続けることが出来ました。

ではでは。ありがとうございますー!

category: リスト,F

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  F.リスト 
tb: 0   cm: 2

△top

本日もgdgd(12/27) 

 

今日は今年最後の曲の録音をすることができました( ´▿`)=3

実は、前のグレンダールのハンガリー風なんかと一緒に数年放置してた曲です(爆)

今日録ったのはピアノを始めるくらいに出会った曲です。

当時は音源がほぼなかったのですが、最近検索したらチョコチョコ弾かれているようです。

まぁ、UPするのは数日後ですケド、お楽しみにです。


最近はブクステフーデの鍵盤のための組曲ばっかり試聴してます(笑)

うーん、個人的にはBuxWV 236のホ短調の組曲が品格があり、一番の傑作と思います。

浄書譜は既に公開されてるので弾かないと思いますケド、レパートリーには入れたいという(笑)

ブクステフーデは短調のオルガン作品がいかにもドイツバロック!ってかんじで

好きなのですが、弾くなら気分的に楽な長調のほうがいいかななんて思ってみたり。

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 2

△top

本日のgdgd(12/25) 

 

20151225.jpg
ライ麦出穂Σ(゜д゜)

今年の冬は温かくて今日がホントにクリスマスなの?みたいな感じです(汗)

今年のクリスマスは曲紹介なしです。去年?はカスキの歌曲だったはず。。。


写真のライ麦は中途半端な気候なので、混乱しているのか

背丈がごく微妙に伸びながら、かつ出穂を2つ確認しました(汗)

春に2m近くになるはずだったのですが、穂が出た麦の高さは1m弱と50cm弱でした。


冬が温かいと野菜や果樹が成長が止まらなかったり、休眠しなかったりで

畑でいうとエンドウマメなどの今後に影響があると思います。

野菜作り初心者にこの異常気象は悩まされます(´▿`;)

- - -

前回のグレンダールの動画は、やっと紅葉した葉っぱを撮ってきました。

赤い紅葉は種類が分からないのですがモミジヅタなどと総称されるもの。

黄色い黄葉(読みは同じ「こうよう」です。笑)はイヌビワです。


あ!それとこのまえのブクステフーデの浄書譜PDFに誤植を発見しました(滝汗)

3小節目2拍目-右手四番目のE5(独:e2/高いミ)は、1oct低いE4((独:e1/普通のミ)でした。

明日中には、書き直しておきます。追記:直しました(´▿`;)

category: にっき(畑)

tag: 日記 
tb: 0   cm: 0

△top

グレンダール:"ハンガリー風"第1番・第2番 (作品55より) 

 

今回はノルウェーの女性作曲家、アガーテ・バッケル=グレンダール(1847-1907)
小さな幻想的小品集 作品55より"ハンガリー風 第1番"と"ハンガリー風 第2番"
(ともにニ短調、曲集では第2,8番)を弾きました。2曲とも見開き1枚の短い曲です。

No.2 ハンガリー風 第1番

Allegro risoluto. - ニ短調の2/4拍子。
かなり低い音域で始まる主題は、チェロのようなトリルが怪しげな効果を醸してます。
中間部はクラシックでは聴きなれないような鮮烈な和声が情熱的です。

No.8 ハンガリー風 第2番

Allegro energico. - 同じくニ短調の2/4拍子。
合奏風のオクターブユニゾンとソロ風の部分が交互に現われながら進行していきます。
中間部は半音階的にどんどん盛り上がります。

- - - - - - - - - - - -

これでも速度がかなり遅い演奏になってます(´▿`;)
そのせいもあってか、指示のaccel.がほとんど掛かってなかったり。

第1番はなんといっても細かい音符が難しいですケド、それよりも
第2番は跳躍が連発されるので速度が上がらず難しかったです(汗)


今回の"ハンガリー風"は、グレンダールのある一面に過ぎない感じです。
北欧の美しさも描けば、童話的だったり今回の民俗的なものも好んで描く
その点ではグリーグによく似た作風です。


なんか、第2番は再現部頭の右手の音にプラルトリラーが付される形なのですが、
自筆譜では提示部の同じ個所(第1小節目の頭)にもちゃんと書き込まれてるんですよね。
まぁよく分からないので、持ってる楽譜に従いましたケド←

あと、グレンダールはよく「幻想的小品集」という名前で曲をまとめていまして
それに引っ張られて作品55も昔の記事でそう訳してましたが
正確には「小さな幻想的小品集」でしたので修正しましたm(_ _)m
原題は"Smaa Fantasi-stykker"です。(Smaa(Små)はSmallにあたると思われます)


そんな感じで、ではでは~。

category: グレンダール,A.B-

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  A.B-グレンダール 
tb: 0   cm: 2

△top

本日のgdgd(12/21) 

 

昨日も別な集まりのクリスマス会に参加してました。

あ、集まり集まり連呼してますケド、カウンセリング的なトコでの定期的なものです。

それで、「きよしこの夜」を終わりのほうで歌ったのですケド、歌詞も記憶でだったので

"いとやすく"で終わる!と思っていたら、皆さん"ゆめやすく"でした(^-^;)

"まぶねの~"の部分は"みははの~"の歌詞がありますが、そこはどちらも覚えれてませんでした。←


今日はまたピアノ3曲他を練習。

2曲組2つ目がいよいよ仕上げ段階ですが、やっぱり難しい曲です(笑)

"2曲組"より"年の締めくくり曲"を先に録音できるかもな程ですΣ(・д・ )

category: にっき

tag: 日記 
tb: 0   cm: 4

△top

本日のgdgd(12/16) 

 

今日は松山に集まりのクリスマス会に行ってきました(´ω`)

讃美歌の伴奏を1曲ですが演奏しました~。

練習はほとんどできてなかったのですが、今日の場で弾くことができたのは良かったと思います。

久しぶりに楽しんだ気がします(*´д`*)。


2曲組の録音は、、、うーんあと3,4日くらい掛かるかなと思います。

臨時記号が多くてスピードアップが難しいのですよね

これと更に、短い1曲も録音する考えもあったりするので、どうなることやらな感じです(笑)

category: にっき

tag: 日記 
tb: 0   cm: 2

△top

本日のgdgd(12/12) 

 

今日も短い録音を1つ済ませました!(´▿`;)

練習したまま放置していた曲だったので、年末ということで弾いてます。
2曲組みにする予定なのでアップはまだですー。

今回も、何度弾いても気に入らなかったのですが、
よく爪を切ったところ意外と良いテイクが録れました(笑)←ぇ

ですけど、短いのに曲が濃くて、今日の1曲は指定テンポは無理です(汗)
まだ曲名はナイショですが、前にも2曲組みで出した(はずな)人の曲です。

曲が録音できると次の弾きたい曲が出てきますが、もう1つを頑張ります(笑)


最近また写真がないのでまた撮らなきゃですねー

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 2

△top

ブクステフーデ:アルマンド(組曲イ長調より) 

 

前に鍵盤タブ譜から起こした、D.ブクステフーデ組曲イ長調 BuxWV 243より
第1番アルマンド(Allemand/アルマン)を記録としてですが弾いてみました。


調子悪いので、繰り返し無し&装飾超控えめ仕立てでございますー。

曲はフランス風なのですかね?上品な雰囲気です。弾けてないけど!
器械的に演奏してしまった結果、聴けば聴くほどデコって欲しそうに聞こえます(笑)

鍵盤タブ譜の後半には、和音の下に斜線が入っていて装飾か何かの意味があるようですが
演奏ではアルペジオ風に弾きましたケド、クレもいい感じに思いました。

と、楽譜を載せておきますね(*´エ`*)
浄書譜(サイズはISO B4)

Keyboard Suites (Buxtehude, Dietrich) - IMSLP
鍵盤タブ譜PDFは142と143ページの見開きです。


ではでは~。

category: ブクステフーデ,D

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: あたらし作曲家紹介  D.ブクステフーデ  アルマンド 
tb: 0   cm: 4

△top