あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

本日もgdgd(11/30) 

 

え、もう12月が来るのですか!早いですね。゜(´▿`;)゜。

畑なんかは大根など冬の野菜の収穫くらいで、春までに土づくりをするだけですが、

毎年、タケノコを採る竹が竹になって内部が結構荒れてるので

少しづつ整備なんかもしてます。終わりません(笑)。

これで登り道のど真ん中にタケノコが整列するようなことがなくなればと思ってます(´▿`A)

竹を切る時期は冬なのですが動いていると(今のところ)部屋にいるより暖かいです。


ピアノは今年はクリスマスの行事よりかは、年末ということをテーマ(?)にして

新曲選びをしようと思ってます。華々しい感じではないのですケド。


ではでは(-ω-)zzz

category: にっき

tag: 日記 
tb: 0   cm: 2

△top

H.リヒナー:"アサガオ"(作品111-6) 

 

今回は、"忘れな草"(作品160-6)で有名なハインリヒ・リヒナー(1829-1898)の
作品111「色とりどりの花」より終曲の第6番"アサガオ"を季節外れながら弾きました(笑)


写真は今年使ってなかったストックより1枚。

ヘ長調の6/8拍子。ロンド形式を基本に構成されています。

"忘れな草"と拍子が同じですが、長調でかつscherz.(おどけて)の指示もあるように
メロディがピョンピョンとした明るい曲調です。

後半の変ロ長調に変わる部分ではアルプスを思わせるようなホルン風のメロディもあり
曲全体として高原のような開放的な場面が浮かびます。

しかしそうした中にも、さりげなく現れる、短調の部分の対比も良いですね(*´▿`*)

- - - - -

また演奏技術が落ちたような. . . orz
急激に寒くなったので指も動かないし(夏に弾けばよかったのに(笑)

あ、今回はノンペダルです。入れたほうが良さげな箇所もあったのですケドね

この曲のタイトルはドイツ語版では「Winde」で朝顔の意味(だと思うの)ですが
英語版では"Jessamine or Morning-glory"、ジャスミンまたは朝顔とあります。
が、ここでは原語であるドイツ語優先で朝顔としました。


今回の作品111「色とりどりの花」は初~中級者向けの曲集で
第4番の"チューリップ"が既に親しまれているようです。

"アサガオ"も"チューリップ"もアレグレットの指示ですが
メトロノームに合わせるのだったらもう少し遅くした方がいいです(汗)
一番最後の部分はもっとグッと速度を落としても良かったですねー。


ではでは( ´ω`)ノ

category: リヒナー,H

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  H.リヒナー  朝顔 
tb: 0   cm: 3

△top

本日のgdgd(11/25) 

 

今月中には録音を1つは上げれればと思ってます空苑です(´・ω・`)

初心者向けの曲なのですケドなんか弾きにくい、季節外れな曲です←

今は3、4曲くらい練習してますかね(-ω-)zzz


最近天気予報が当たらないので、なかなか外の作業の計画立てづらいですし

だいたい曇りだったりするのでスッキリしませんー(´`)

category: にっき

tb: 0   cm: 0

△top

本日のgdgd(11/21) 

 

20151121a.jpg
畑から脱走したい大根Σ(゜Д゜;)

時なし大根「宮の泉」という品種なのですが、すべて曲がって土から逃げ出そうとします(笑)

隣の畝の青首丸尻大根「青の宝」は売り物のようにすっと伸びてくれたのですが、、、

ストレスに弱い品種なのでしょうかね

とにかく、大根は収穫できる大きさにまで育ってきました。


20151121b.jpg
種まきから1か月半の麦は平均30cmくらいになりました。

育ちが良いのか悪いのか、初めてなのでわかりませんけど

穂が出るのは年を越えて来年の春くらいになりそうです。


今日は遅い追肥のついでで作物を撮ってみました(´ω`)

category: にっき(畑)

tag: 日記 
tb: 0   cm: 2

△top

ブクステフーデの鍵盤タブ譜 

 

20151107.jpg
挿し木した小菊がぐんぐん育って開花しました✿

最近は気分的によくないので、いつもと違うことをしてます。


これ↓を
20151107b.jpg

こう↓なんかして遊んで(?)ます。
20151107a.png

バッハの先輩で有名、D.ブクステフーデの鍵盤のための組曲なのです(`・ω・´)

が、楽譜が上のよく分からない暗号みたいなのしか無いのですよね(´・ω・`)


これはIMSLPにUPされている、1712年に書かれたドイツ式鍵盤タブ譜なのです。

ギターやリュートはタブ譜があるのは知っていましたが、

鍵盤はブクステフーデで初めて知りました(゜д゜;)


見た感じ、五線紙を買ったり作ったりせずに記譜できる利点があるようですが

精確性や柔軟性に欠けますし初見が出来ません(汗)

筆跡もクセがあって合字もバンバン出てきます(滝汗)


ルールが解ればモソモソ解読できますケド、これもまた飽きるんですよね(笑)

category: にっき

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 8

△top