あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

E.ローデ:"春の夢"(作品122-2) 

 

「あやつり人形(マリオネット)」で知られるドイツの作曲家、
エドゥアルド・ローデ(1828-1883)の"春の夢"Op.122-2 を弾きました。

E.ローデについてはこちらの記事にまとめてます。


演奏・写真:空苑

曲は変ロ長調の3拍子。アンダンテで、タイトル通りのゆったりとした朗らかな曲想。

B部(0:33)ではハ短調に変わりますが調性がどんどん移ろい、また再現に到達します。

短い経過句を伴い変ホ長調のC部(1:24)に入ると、Piu lentoとさらにゆるやかになり、
息の長いメロディを降下していくアルペジオが支えて、夢見るような部分。

C部が終わると、B部が現れ夢から覚めるような効果が面白いです。

最後のC部が主調で現れた後、半音階を伴うアルペジオの上昇も魅力的です。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ドイツロマン派期の作曲家ですが、春らしいサロン的でおしゃれな曲です。
和声もロマン派らしくテンションノートもみられ、作曲技術も安心でした。

技術的には、オクターブが届くならそこまで難しくはないと思いますが、速度決定が悩みました。
もう少し早く弾いてもいいかもですし、あとはaccel.でだんだん早くする部分でもまだまだかなぁと思います。


それにしても、今回のOp.122についての詳細は分かりませんでしたね(x_x )
分かるのは中級者向けのピアノ曲集ということだけです。

「あやつり人形」1曲だけではまだまだ評価してはならない作曲家ローデ。
もっと弾いてみたい作曲家だと思いました(*´▿`*)

category: ローデ,E

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  E.ローデ 
tb: 0   cm: 2

△top

A.シュモール:"伝説"・"蝶のふるまい" (80の中級練習曲より) 

 

20150315.jpg
菜の花。

今回は2本立てで、フランスで活躍した作曲家アントン・シュモール(1841-1931?)の
80の中級練習曲/80 Etudes Moyennes第3巻 作品118より
第56番"伝説/Légende"と第52番"蝶のふるまい/Papillonnage"を録音しました。

シュモールの代表作的な練習曲集の"100の小練習曲 Op.136-140"と"50の大練習曲 Op.121-123"の
中間に置かれる、作品番号ごとの4巻からなる"80の中級練習曲 Op.116-119"より。

シュモールの作品には教育的作品であろうとも1曲づつに献呈先が記されていますが
作品118も同様に、知り合いか生徒だろうと思われる名前が見られます。


第56番"伝説/Légende"

パリのBlankenstein氏に。
C(4/4拍子)、ト短調。バラード風の両手のユニゾンの練習曲。
ペダルを入れるとショパンの葬送ソナタ第4楽章にも似たただならぬ雰囲気。

同じ音型でも箇所箇所で使う運指が違ってくるので漫然演奏は出来ませんね(爆)
どう弾いていいかあまり分からなかった曲でした←
短い中間部の後半、半音階を伴って下降するところとか一番バラーディーで面白いです。


第52番"蝶のふるまい/Papillonnage"

パリのErnestine Sichel嬢に。
急速な3/8拍子、変ホ長調。軽く優雅なタッチの練習。
1小節が1拍の気持ちで弾くと流麗にまとまると思います。(思うだけ(笑)

原題の"Papillonnage"は「蝶がひらひら舞う様子」という意味だそうです。
題名として訳すにはと考えて「蝶のふるまい」としました。
3連符の粒が揃ってないし、最後のディミヌエンドが甘かったと反省(._. )。。。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

やっぱり中級だけあって、特にテンポで苦戦しました(汗)
強弱も毎度のことながら難ありですね(x_x )

なんとなく練習曲であるゆえの曲の短さ・物足りなさを感じますね。
しかし、まじめな性格らしかったシュモールの音楽性の追求が見て取れました。

また、練習曲以外の作品も弾いてみたいと思います。

category: シュモール,A

thread: ピアノ - janre: 音楽

tag: 音楽  弾いてみた  A.シュモール 
tb: 0   cm: 0

△top

今練習中の曲目(ネタバレ注意?(笑)) 

 

20150312.jpg
桃(かな?)の花✿

うーん(´・ω・`)なかなか録音も紹介もできてないので今弾いている曲目を紹介しますー。


A.シュモール:80の中級練習曲 第3巻 作品118 より

第52番"蝶のふるまい"


簡単そうと弾いてみたらテンポの指定が超高速な3拍子でした(@_@;)
インテンポで弾けてません(汗)

第56番"伝説"

バラーディーな曲風ですがどういう風な音響を求めているのかよく分からない曲です。
ユニゾンで弾きにくい運指の上、似た箇所が多いので間違えやすいです(>_<)

シュモールがどんなものかと適当に練習し始めたのですが、
やっぱり中程度の後半の練習曲ともなると少し難しかったですね(汗)


あと一曲、ほかの人の曲もあるのですがこれは秘密です。
春がテーマの曲なので早く録音できるようにしたいなぁ。


でわ(*´ω`)ノシ

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 0

△top