あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

【録音】フィオッコのアダージョ 

 

20140512.jpg
野生の卯の花(ウツギ)。

2か月ぶりの録音です

今回はヴァイオリン学習者には"フィオッコのアレグロ"で有名な、バロック時代のベルギーの作曲家
ジョゼフ=エクトル・フィオッコ(1703-1741)のクラウザン組曲より第1組曲 第9番"アダージョ"を弾きました。


使用した楽譜はこちら(IMSLP)

実はこの第9番"アダージョ"の次曲の第10番は"アレグロ"、
つまり有名な"フィオッコのアレグロ"の原曲(クラウザン曲!)なのですよね。
これらは同じト長調で「緩-急」と対比が効果的な作品です。

今回の第9番"アダージョ"はイタリアの協奏曲の緩徐楽章のような朗らかさに溢れた作品です。

- - -


僕には"アレグロ"とセットと考えてイタリア風と聴くのですがフランス風の解釈がされている演奏もあります。

もともと、大好きなヴィヴァル○ィばっかり聴いていた昔の空苑は
この"アダージョ"をヴィヴァ○ディの協奏曲の編曲かなにかだと思ってたこともありました(笑)

コンチェルトで聴いたような気もするのですが。う~ん。


というか、やっぱり指が回らないですね。装飾音が多いバロックだと尚更です( ˘•ω•˘ )
それ以前に表現やらペダリングやr(

うん。。ではでは(^ω^)ノシ

category: フィオッコ,J-H

tag: あたらし作曲家紹介  J-H.フィオッコ 
tb: 0   cm: 4

△top

ヘンゼルト200歳おめ!とか、ぐぬぬとか。 

 

20140510.jpg
姫檜扇(ヒメヒオウギ)という草花だそうです。

前から空苑が、「Hさんの~」とか言ってたのはAd.v.ヘンゼルトさんのことでした。

生誕200年おめでとうございます!

誕生日9日と12日とがあってよく解らないです(´・ω・`)

まあ、結局のところ弾けなかったのですがね(´・ω・`)

ヘンゼルトさんは鍵盤で何度を押さえられたのでしょうね。。。

- - -


で、日記ですが、全然関係ない別の曲を練習してたりするのです。

大体になったので今朝録音してたのですが、同時に朝食中でもロッカーな弟が

ドラムの真似をするので、こっちのリズムが狂ってしまうのですよね(笑)

録音を止めたら、弟はどっか行っちゃうし。。。


(`ェ´)ぐぬぬ!


お昼には、再度挑戦してまぁまぁな録音が出来ました(笑)

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 2

△top

間に合えない。 

 

20140504.jpg
牡丹の写真を載せてませんでしたので貼り(*´ω`*)

作曲家Hさんの生誕記念日まで約一週間、全く弾けてません空苑です。゚(゚^o^゚)゚。

もう、この人の曲は普通に10度やそれ以上を当たり前に使うので

前打音だらけになって弾きづらいです(汗)。またそれが充実した和音になるので

なかなか悔しい、ぐぬぬなやつです!←

- - -


で、近頃はまた北欧系の作曲家に目移り耳移りしてます(笑)

ヘイノ・カスキばかりでなく、エルンスト・リンコやトイヴォ・クーラなど

北欧の音楽の国柄がとても好きでよく聴いてます。音源少ないけd(


とくにトイヴォ・クーラは印象深く濃厚なメロディと、北欧を基とした和声の試みの

圧倒的な才能と情熱に、感動させられてるところです。



Toivo Kuula : Notturno (g-moll)
(ヴァイオリンとピアノのための5つの小品 Op. 3a No. 2)

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽  北欧 
tb: 0   cm: 0

△top