あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

A.B-グレンダール:"ロマンス"・"スペイン風" 幻想的小品集Op.55 

 

どうも空苑です(*´ω`*)今年最初の"あたらし作曲家紹介"です!

どうしても今年最初はこの人からと思ってたので今になってしまいました(汗)
今回は"弾いてみた"も兼ねて、音源は空苑が演奏しております。

今回紹介するのはA.B-グレンダール小さな幻想的小品集Op.55から
第9番"ロマンス"第5番"スペイン風"です。


アガーテ・バッケル=グレンダール(1847-1907)はノルウェーの女流作曲家・ピアニスト。
F.リストにも学び、またE.グリーグととても親しく同時代を生きました。

作品リストを見ると歌曲とピアノ曲がほとんどで、安定した作曲技法上に
北欧的な輝きと多数の歌曲にみられる女性的で美しいメロディが特徴的です。


"小さな幻想的小品集Op.55"について。
全12曲の初~中級程度で、見開き2ページの小曲が多いです。
6曲ずつの2巻(部)に分けられるようです。

若干指使いを決めづらい感はありますが、安定した作曲法や丁寧な個性付けのほか
斬新な響きも取り入れているので発表会で"ブルグミュラー25の練習曲"などのかわりに
弾いても聴き劣りしない秀作と言えるでしょう。

追記 : と書きましたがそれよりも難しい曲も多かったです(´・ω・`)スミマセン

↓全12曲のタイトル(太字は今回の紹介曲です)↓- - - - - - - - - -

No.1 マーチ - Marsch.
No.2 ハンガリー風 第1番 - Ungarsk No.1.
No.3 小さなワルツ - Liden Vals.
No.4 さようなら - Et Farvel.
No.5 スペイン風 - Spansk.
No.6 レントラー - Landler.
No.7 おばあさんのメヌエット - Bedstemors Menuet.
No.8 ハンガリー風 第2番 - Ungarsk No.2.
No.9 ロマンス - Romance.
No.10 舟歌 - Barcarole.
No.11 ポルカ - Polska.
No.12 春のダンス - Springdans.

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

No.9 "ロマンス"



ト長調・6/8拍子。
メロディは簡素で半音階的な進行が多用され、伴奏も中~高音域で必要最低限の音を
使っているので、タイトルから想像する甘く濃密な音使いとは裏腹に、爽やかな印象です。

和声的にみると4度の積み重ねなど、近代的で大胆な音使いが興味深いです。

技術的には和音の中の線を独立させつつ滑らかにつなぐ技術が求められます。


No.5 "スペイン風"


練習期間が短いのでアラがあります。しかも指定速度より遅い(爆)

ホ短調の三拍子。
生き生きとしたスペインの特徴をうまく取り込んだ教育的な小品で、
グレンダールのロマン派的な音の操り方の上手さがよく分かる曲だと思います。
特に中間部から再現部に向かっていく部分では、その特徴が一番色濃く面白いです。

技術的には3拍子のテンポが速く、またそれに生き生きとした表情をつける、
又は"ノる"といった感覚が要求されます。


グロンダールのカタカナ表記ですがGrøndahlの"ø"は"エ"にかなり近い"オ"の発音で
表記的にグレンダールのほうが近いようです。
またバッケル=グロンダールとイコール付きですので最終的には
"アガーテ・バッケルグレンダール"と言うのが最適かもしれません。

5/20追記:グロンダールからグレンダールへ表記変更を致しました。


。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・


今回、小品ですがグレンダールを弾いてみて思ったのは
男性の作曲家に負けないような作曲技能の高さと力強さです。
そこには主婦・ピアノ教師だけでなく社会参画・参政運動にも尽力した
グレンダールの女性の品格を鮮明に現している気がします。


Op.55の他の2曲のハンガリー風もスペイン風に似た情熱感?がありますし
また他の曲のタイトルを見て面白そうだと思ったらぜひ楽譜も見てみてください(*'∀')ノ

ではでは。惜(あたら)しい作品を新しいレパートリーへ!ヽ(>▿<)ノ

category: グレンダール,A.B-

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  A.B-グレンダール 
tb: 0   cm: 4

△top

感動☆ 

 

今日は父に連れられ松山の県立美術館へ行ってきました。


ですが今回絵画等の展示品を見に行ったのではなく、出光主催の展示会に合わせて催された

"Music in Museum by 出光"と題したチェロ・ピアノ・ギターのコンサートに行ってきた訳です(´ω`)


しかも無料!←

エントランスでのソロとデュオでのプログラムで約1時間の演奏でした。


最初は上杉春雄さんという方のピアノで、大バッハの平均律第1巻第1番のプレリュードでした。

弾き始めた瞬間からビックリですよ。まろやかでガラス玉の様なピアノの音で

美しさを知り尽くした演奏。終始次はどんな解釈をするんだろうみたいな感じで

完全にその世界に魅了されてしまいました(*´p`*)


この上杉さんはピアニストであり、お医者様という凄い方(((゜A゜)))


最後のソロではリストのラ・カンパネラ。

こちらもめっちゃ綺麗な音でした。微妙にブゾーニ版まじりで、

会場のガラズ張りの窓からの柔らかな日も入り幻想的な演奏でした。


てかピアノばかり話してますがチェロもギターも凄い方らしく良かったです\(^o^)/

ギターは鈴木大輔さん。正確な演奏という感じでしたが、

音響の関係かちょっと音量が小さかったかも。

チェロは木越洋さん。N響主席の方で深く豊かな響きで、容姿もいかにも芸術家な方でした。


プロの演奏を聴きに行くのは久しぶりでしたが、やっぱり忘れかけてた大事なことを

思い出したり、また自分も頑張ろうって思えますp(`・ω・´)q

。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。・*゚*・。


てか、昨日の「コクリコ坂から」みましたけど、ええね!´ω`)b

この時代の風景も香りもいいし、主人公2人のお話が(´Д`)モォォ。。。


最後も、派手な感じではないけど軽くもなくで、これで終わるのが惜しいと

思うのが、あれやね。映画の終わるときの寂しさやね。この子らもう見れんのかみたいなね。


ええよね~d(´Д`)b


でも、派手な映画では味わえないこの感覚を音楽でも表現できないのかな

みたいなのはいつも思うところです(`・ω・´)


そんな感じで、感動で幸せな空苑ですたノシ

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 2

△top

Ch.V.アルカン:"幻影"(エスキス Op.63-1) 

 

20130107a.jpg
アルカンのエスキスの楽譜。アルカン日本初出版本のプリズム版です。プリズムさんとは趣味が合いそう(笑)

どうも空苑です(*´ω`*)ノ"

今年最初の録音は、今年生誕200周年のCh.V.アルカンからってことで
エスキス Op.63から第1番"幻影"(ハ長調)を弾いてみました!


演奏:空苑

このエスキス(スケッチ集)は第1巻12曲、第2巻12曲、第3巻12曲、第4巻12曲、終曲の
49曲からなり、アルカンの作品がどの様な物かがよくわかります。
アルカン自身、知的な人で作品にもそれは表れているのですが、この小品集では
連続5,8度やクラスター、無調の試みなど実験的な要素も多く見られます。


今回録音した第1番"幻影"(第1巻第1番)は
印象派のような朧げで美しく、高音で歌われるメロディが特徴的です。
アルカン作品によくみられる最後のコラールも魅力の一つ。

またダンパーペダルをうまく使った曲とも言え、音域の広い伴奏を調和させ、
終盤ではその朧げな音の霧をフッと晴らすような効果が素晴らしい。


そしてこのエスキスでは一番簡単な曲という(汗)
音を追うのはアルカン独特のコツをつかめば簡単な部類ですが
ガラスの様なメロディを常に壊さないように気を付けるのが難しいです。

゚+。.≖ˇωˇ≖.。+゚+。.≖ˇωˇ≖.。+゚+。.≖ˇωˇ≖.。+゚+。.≖ˇωˇ≖.。+゚+。.≖ˇωˇ≖.。+゚+。.≖ˇωˇ≖.。+゚


今回は正月に間に合わせようとしてた大曲が間に合わなかったので
代わりに七草には間に合わせようとエスキスから選んでみました(-ω-;)
またエスキスから他の数曲を取り上げてまとめる予定でする。

では、よいアルカンイヤーを(笑)(´ω`)/

category: アルカン,C-V

tag: 音楽  弾いてみた  Ch.V.アルカン 
tb: 0   cm: 2

△top