あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

【録音】ピント:グランドソナタハ短調より第1楽章 

 

やっと今年最初の録音ができました!

前(昔?)にピントのグランドソナタハ短調を紹介しましたが、昨年末から練習してきたので

暫定版レベルの1回ツギハギ入ってますけど、録音を上げておきます。


G. F. Pinto : グランドソナタハ短調 より 第1楽章 "Allegro espressivo con Foco é Risoluto"

まぁ、弾きたいってのもありますケド、楽譜が見づらいので浄書もしたいってことで

通して練習してみたのです。しかし歴史に埋もれた作曲家なので奏法に謎がまだまだあります。

底本は1803年ロンドン版で、浄書譜はこちら。(ISO B4判・β版です)

なんか勝手に運指も付けちゃいましたが、よければ


もともと底本譜は校訂が註釈的に書き込まれていたのですが

それも加味した上で浄書したのですが、肝心の書き込みが誰のものか分かりません(汗)

けどよく考えられているので「(a tempo)」などはそのまま使わせてもらってます。←



それにしても上級曲の演奏にもなると、やっぱりへたくそですね(´-ω-`; )

緊張するし詰まるし忘れるし、やっぱり何よりデジピに慣れてない(笑)


まぁ、ベートーヴェンとモーツァルトを混ぜたような曲風なので面白かったです(^ω^)

category: 弾いてみた

tag: 音楽  弾いてみた  G.F.ピント 
tb: 0   cm: 0

△top

【録音】ピアノで即興 変ニ長調 

 

どうも空苑です(´ω`)ゞ

近頃の調子不良によりあまりネタ(笑)もないのですが、この前の日曜に

なんにも考えずに即興録音したのでそれを上げてみましょうかね。



海の遠くの細かい波が黄金の夕日を反射してる風景のイメージ。

もしかしたら何かの曲のメロディーかもしれませんケド(汗)

コード進行は、何も考えてないのでバスが音階上を降下していくクリシェです。

エヴァンスばっかり聴いてた、この中途半端なジャンル感(笑)


それにしてもSoundCloudに上げると音が小さくなるのはなんで。。(´・ω・`)

聴く環境によってはブツブツとすることがあります。ぐぬぬ。。


ではでは(・ω・)ノ

category: 弾いてみた

thread: ピアノ - janre: 音楽

tag: 音楽  即興 
tb: 0   cm: 0

△top

ブログの記念日とボカロ(UTAU)曲録音 

 

こんばんは!空苑です。

今日でブログ開設から2年が経ちました。三年目に入ったわけです(´∀`)

それにしても、当時の自分はこんな梅雨の日に思い立ったのですね(笑)

うーん、色々あったような、なかったような。もっと一日一日を充実させたいと思います。

- - -

んで!YoutubeやSoundCloudなど利用している中で、新たにTmBoxに登録しました!

こちらはクラシックじゃなくて流行りのボカロなどピアノで弾いてUPしようかなと思い

早速一曲UPしてみました! ↓ ↓ ↓


いい曲です。ボカロ(UTAU)曲では一番好きなくらい。

編曲と演奏の技量は分かりませんケドね(笑)。というか改悪すいませんんn

あまりブログとは連帯させない予定なので、詳細等はリンクよりご覧ください(><)


ではでは、本当にいつもありがとうございます~(o-ω-o)

category: 弾いてみた

tag: 日記  音楽  弾いてみた 
tb: 0   cm: 1

△top

3月3日@【練習録音】セヴラック:"ミミは侯爵夫人の扮装をする" 

 

今日は3月3日、ミミの日ということで(?)、セヴラックのミミちゃんの音源を

何が何でも上げてやるのでする!o(`ω´)o

というか。空苑は男兄弟ばっかりで雛祭りはしないです耳の日です´・ω・`←


まだまだ永久に練習レベルなのですが、お暇であればでいいので練習の成果(?)を聴いて頂けたらt(


うぬぬ。時間軸のミスが多いですな´・ω・`

- - -

ところで、ミミって誰ぞや?と思って調べてみたら

彫刻家シプリアン(シーパ)・ゴデブスキ(1874-1937)夫妻の娘"マリー・ゴデブスキ"の

愛称(フランスでの幼児語。意味は"可愛い"等)のようです。

- - -


毎度演奏技術不足でお耳汚しすいません| 柱 |ω・`)チラ...

この技術と意識はどうしたものやら。。。


ではでは。日々精進なやつです!

category: 弾いてみた

tag: 音楽  弾いてみた  D.d.セヴラック 
tb: 0   cm: 2

△top

(録音)バッハ=マクダウェル:メヌエット(BWV Anh.114&115) 

 

前回と続けての録音です。
が、練習中というか「これ以上の向上が見込めない」感じでのUPです。
気持ちはこめたのでよければ聴いてくだしあ!


てことで今回はご存じアメリカの作曲家エドワード・マクダウェル(1860-1908)
6 Little Pieces After J.S.Bach(1890)より第2番"メヌエット"を弾いてみました。

この曲は、C.ペツォルトの作曲とされる有名なト長調の"バッハのメヌエット"BWV.Anh114と
対となるト短調のメヌエットBWV.Anh114を組み合わせて編曲された作品です。

注意!弾けてないです┌○ペコリ

SoundCloudにUPすると音量が激減するのナニコレ((´・ω・`)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

面白そうなので弾いてみたいなぁと練習をし始め、いい感じに出来てきて
いざ!とエレピの録音ボタンを押した途端に難易度が上がりました(汗)毎度のことですケド。
演奏技術の減衰に毎回泣けてきます。゚(゚இωஇ゚)゚。

ホントはアルネスの前に上げたかったのですが、早くUPしたいと思ってたらこんなgdgdに...(笑)



うん。まあ今日はこんな感じで。お耳汚し失礼しました~。

category: 弾いてみた

tag: 音楽  弾いてみた  E.マクダウェル  J.S.バッハ  C.ペツォルト  メヌエット 
tb: 0   cm: 4

△top