あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

アレンスキー没後110年に改めて聴く 

 

今日25日はロシアの作曲家アントン・アレンスキー(1861-1906)の没後110年の日ですね。

といっても、あまり詳しくは知らなかったのですが
音楽家としてはかなり活躍した人物みたいです。

作風はロマン派のようでかつロシアのエスプリ。
少し陰鬱な印象ですが静かな情熱が感じられます。
作品はピアノ独奏以外の室内楽やオーケストラの作品が好まれているようです。
ピアノ独奏曲も多いのですが、日本ではまだ網羅感に欠けるので今後も注目していきたいですね。

ということでどんな感じなのか、独奏曲の有名どころから2曲。


作品36 24の性格的小品より 第4番 「小さなバラード」



作品25 4つの小品より 第1番「即興曲」


難しそう。。。けど弾いてみたいです(*´▿`*)

category: アレンスキー,A

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  A.アレンスキー 
tb: 0   cm: 2

△top