あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

F.リスト:ピアノ小品 嬰ヘ長調(S.192-4) 

 

2015年最後の録音にフランツ・リスト(1811-1886)の"ピアノ小品 S.192-4"(嬰ヘ長調)を弾きました。



Andantinoの指示があるこの第4番は1876年(64歳)の時の作。

1ページと短く、無駄な音がなくデリケートな曲です。


最後に見せる和声が感動的ですが、どこか儚げで夕陽の輝きのように感じます。

リストというと技巧的な曲が一番に思い浮かびますが、

この曲は時期的には、いわば晩年期の特徴が現れ始めています。

その時期には無調を模索しだすわけですが、この曲の和声は印象派のような揺らぎがあります。

- - -

年末ですね~。

「初日の出を拝む人は多いが、年末の沈む夕陽に感謝する人は少ない」という言葉がありますが

年末になるとこの言葉を思い出して、それにこの曲が付いてくるのですよね。

今回の曲は僕がピアノを始める前くらいに出会った曲です。

当時はMIDIと全集CDくらいしか音源がありませんでした(´▿`*)


まだ、録音数が多いとは言えませんが良い曲です。

自分の演奏は納得できない個所だらけですケド(笑)。フレージングが何回やってもへたくそでした


この録音記事で今年最後かな。

2015年もおかげさまでブログを続けることが出来ました。

ではでは。ありがとうございますー!

category: リスト,F

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  F.リスト 
tb: 0   cm: 2

△top