あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

ボリビアの音。エドゥアルド・カーバ(*´ω`*) 

 

今日は雨の天気で、一段と寒くなってきました(´-`)


結構前からなのですが、南アメリカの高地の国・ボリビアのピアノ作曲家に注目してます。

ボリビア音楽の懐かしさを感じる和声感が好きです。

そんな中でもエドゥアルド・カーバという20世紀前半の作曲家の音楽性が気に入ってます。

こんなの。

アイレ・インディオ 第4番(元々はピアノ曲です)


Kollavina これもカッコいいですね!(詳細不明ですが 笑)

ボリビアの作曲家のピアノ曲は豪快な技巧を使ったりすることが多いみたいで

馴染みやすいようにかギター曲になったり歌詞が付いたりと編曲されることが多いようです。

一方でカーバのピアノ曲は雰囲気や響きを大切にしているように聞こえます。


もっと簡単にボリビアの楽譜が入手できればいいのですが○o。(´-`)

category: カーバ,E

tag: 音楽 
tb: 0   cm: 2

△top