あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

そうめん号完成 ver1.0 @そうめん箱で鍵盤楽器(17) 

 

20131121a.jpg
そうめんの桐箱から作った"鍵盤付きモノコード"。

お待たせしました!

そうめん箱に塗装も終えてバージョン1.0が完成しました!

中々キレイに塗れなかったですケド。

接着剤が付いてるところは塗料弾いちゃって色付いてないけど。。

毛細管現象でマステが役に立ってない所があるけど。。。


よいのだ!(●'д'●)


名前. . . 名前はもう「そうめん号」でおk!←

塗料のヒノキチオール臭が消えないけどおk!←←

---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---

てことで、動画も作りましたよ!

どやっ( ・`Д・´)b ((多少の音ズレはご了承ください(汗)))

これPCのマイクでは音が拾えないんで、携帯電話で録音して、なんやかんやしたので

結構動画作成に時間を使いました。(重要)


で、あまり写真を撮ってこなかった後ろはこんな感じになってます。
20131121b.jpg
名称とか原材料とか書いてあるシールを残してます(笑)



ぷあー(*´д`*)。。。

一応これで一段落しましたです。

後は微々調整ですし、響板に絵とか入れたいなぁとかも思ってます。




さて、次は何を作ろうかなっ♪←

category: 物作り

tag: 楽器  モノコード 
tb: 0   cm: 8

△top

塗装&プラスウッドレヴュー @そうめん箱で鍵盤楽器(16) 

 

寒くなりましたね!((( ^∀^ )))←

曇りだし、塗装にはあまり向かない気候ですがそうめん箱を塗装してしまいます!


まずは、現段階のモノコードをば。

20131112a.jpg
真っ白です。

これを分解します。
20131112b.jpg
部品はほぼこれだけ。

空になった箱にマスキングをします。
20131112c.jpg
くるま~(・ω・)。接着した部品もしっかりとマスキング。

で、主役の塗料ですね。
20131112d.jpg
カンペハピオ プラスウッド チーク 100mlを使います。

一度に全面を塗ることは出来ないので2回に分けて塗装します。
20131112e.jpg
でろーん(゜﹃゜)。。。刷毛で塗り終えて乾かします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カンペハピオのプラスウッド。

塗料を使うのは初めてですが、初心者にも塗りやすい感じで発色も良いです。

伸びは普通かなぁ。比較対象が無いので分かりませんが、悪くは無いです。

自然素材型と紹介されてますが、安全性は高くてもFDA規格適合の溶剤が入っているので

軽く臭いはありますし、完全無害とは行かないようです。


あの、実際使ってたら喉痛い!頭重い!(((゚д゚ 三 ゚д゚)))アワワ

、ってなったので(汗)。。。

自然型塗料でも換気は十分に!塗布物と一緒に寝ないでください!(爆

orz...


で、デロデロでの画像で終わってあれですが、今回は乾燥中の為ここまでで前半とします(汗)。

次回は乾いたらマスキングを剥がしますのでお楽しみに!!

category: 物作り

tag: 楽器  モノコード  カンペハピオ  プラスウッド 
tb: 0   cm: 2

△top

鍵盤に木材の紅茶染め・墨塗り @そうめん箱で鍵盤楽器(15) 

 

前に鍵盤の化粧板を作成しましたが予想より重くて鍵盤のつり合いが取りにくいと思ったので

また他に使うということで、急遽、鍵盤に直に塗装する方法にしました。


で何を思ったのか今回は紅茶染めを試してみました。

しかし、コーヒー染めは粉と水を1:1で混ぜて塗ればいいのですが、紅茶の場合

普通に濃い紅茶を作って塗ろうが煮ようが(?)してもなかなか色が付いてくれません(◞‸ლ)


ので、今回はヴァイオリンにクチナシの実の黄色素を塗る方法を応用して

アルコール(消毒用エタノール)を使ってみます。


古い紅茶のティーバッグがあったので、それにアルコールを染み出るくらい掛けました。

あまり変わらないような気もしますが半日くらいおいてみて、後は綿棒でヌリヌリ。

20131107a.jpg
2~3回重ね塗って乾かしたところ。

水(熱湯)で抽出したものよりも色が明らかにつきやすいですし

アルコールは揮発性が高いので重ね塗りもしやすい感じです。


そして一晩乾かして、墨を塗る(笑)

20131107b.jpg
乾かし中。。。

一回目は木が吸ってしまうのかムラが多く薄いですが、数時間乾かしてからの

二回目は墨に含まれる膠(にかわ)が下地に成っているのか綺麗な塗り上がりになりました。

で、今回ちょっと手間をかけたマスキングテープを剥がしてしまいます。

化粧板が乗っかってる風に縦の面を2分化する感じになる予定。


全部剥がすとお菓子みたい(´¬`)。。。
20131107c.jpg


で、取り付けて、、、


できあがりʅ(◜◡◝ )ʃ 三 ʅ( ◜◡◝)ʃ
20131107d.jpg


―――(o-ω-o)―――(o-ω-o)―――(o-ω-o)―――(o-ω-o)―――(o-ω-o)―――


それから墨は小学校の書道セットに付いてる固形墨の、松壽堂(松寿堂)さんの"和光墨"を使ってます。
頭に金の丸が3つと、表に菊の文様。青みがかった色なので松煙墨かな?

でも、外箱に"早おり すぐにこくなる"というシールが貼ってあって
化学物質が入ってないか心配(๑´・‸・`๑)

上からコーティングが必要かなぁ。。。

category: 物作り

tag: 音楽  モノコード 
tb: 0   cm: 5

△top

録音してみた @そうめん箱で鍵盤楽器(14) 

 

20131021.jpg
現状はこんなかんじ(*´д`*)背景のゴチャゴチャは気にしない。

空苑です。

なんか塗料を買いたいのだけれど、いいなぁと思うものが楽○とかにしか
置いてなくて、イヨイヨ行き詰ってきたのです('ω')チーン

そこで経過報告として録音してみました!

携帯電話を駒の近くに置いて録音しましたので、音質は悪いかもです。音量注意!

音階やベーブング(ビブラート)などの即興

こんな感じの音です('ω')。キーは調整してなかったので約3度下A→F(C→A)です。
まぁ、一本弦ですし音の弱いクラヴィコードっぽい感じ。

あ、タンジェントに公園の柵みたいなのが増えてますが、見た目は悪くも
こちらのほうが音の伸びが良いので差し替えてみました。

あと、全鍵盤がスムーズに動くようにとしていた調整も終わりました。


ところで、実を言えばこの楽器は作曲用の音感補助や仕組みの理解を目的に
作ったのが本当でして、演奏用の音量を稼ぐ為に作ってません。
まあそうめんの桐箱に収まるよう設計しているのもありますケド。

あとは成形やら着色やらですが、一応ブログは元のような活動に戻ろうと思います。
ちょこちょこ進行を報告しながら完成までってことです。

まぁ、これでもリアルの生活の関係もあって更新停滞中と言ってはおりますケド(笑)。


ではでは一旦これで・ω・)ノシ





. . . (゜ロ゜)ハッ!。。。名前決めるの忘れてた。

そうめん号? 笑笑

category: 物作り

tag: 楽器  モノコード  録音 
tb: 0   cm: 6

△top

シャープキーを白く @そうめん箱で鍵盤楽器(13) 

 

20131016.jpg
ブラックペパーミントの花。庭に淡い紫色の玉がポンポン咲いてます。

空苑です(●'∀'●)
3連休中のミカン採りも日本晴れで終えれました。
またピアノ弾いたり木工したりしてまする。

さて、鍵盤楽器は鍵盤のカタカタ音を抑えるガイドレールクロスを作ったのですが、早速写真を撮り忘れました。
あと弦の振動防止のフェルトを結びつけたものも、どうもしっくりこないという。


うん。とりま、次行ってミヨー(((ノ・ω・)ノ

20131016a.jpg
で、いきなりカップうどんのフタ(⦿_⦿ )
水を垂らして粗目の紙やすりで擦り、印刷を粗削りします。

20131016b.jpg
5つ短冊形にカッターで切れ込みを入れて、数回折り返すとキレイにとれました。

20131016c.jpg
やすり傷の無い裏を上にして、シャープキーに両面テープで張り付け。
象牙シート風です(笑)。材質はPS(ポリスチレン)だったと思います。
プラモデルの材料と同じプラスチックです。

_人人人人人人人人人人人人人人_
>なんてケチンボなんだ!(・д・)<
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


ナチュラルキーは前に作ったのを鍵に乗せてみたのですが、かなり重いみたいで
押した時の鍵盤が下がった状態になるので、どうするか考え中なのです('ω')。。。

category: 物作り

tag: 楽器  モノコード  日記 
tb: 0   cm: 2

△top