あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

F.ミーチャム:"フクシア・レヴェリ"&"ベゴニア・ワルツ" 

 

フランク・W・ミーチャム(1856-19091896?)はアメリカ・ニューヨークの作編曲家。
代表作"アメリカン・パトロール"作品92(1885)で有名。

今回はそのF.W.ミーチャムの作品から"花束(ブーケ) / The Bouquet"Op.65より
第4番"フクシア・レヴェリ"第1番"ベゴニア・ワルツ"を弾いてみました。

-作品詳細 - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

"花束(ブーケ) / The Bouquet"Op.65 (1883)
(初級者のための易しい小品集 / A Collection of Easy Pieces For Beginners)

No. 1 ベゴニア・ワルツ    / Begonia Waltz
No. 2 アマリリス・ギャロップ / Amaryllis Galop
No. 3 ヒヤシンス・マーチ   / Hyacinth March
No. 4 フクシア・レヴェリ(夢) / Fuchsia Reverie
No. 5 サボテン・ワルツ    / Cactus Waltz
No. 6 アザレア・レヴェリ(夢) / Azalea Reverie

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
全6曲に花の名前が付けられている小品集です。



第4番 "フクシア・レヴェリ(夢)"

6/8拍子・ト長調。ABAの三部形式。

舟歌のように揺れる伴奏が、レヴェリ(夢)の中にいるような曲想。
中間部はホ短調で少し不安な感じ。

再現部では装飾が少し加えられて、最後は遅くなりながら静かに終わります。



第1番 "ベゴニア・ワルツ"

3/4拍子・ハ長調。ABCA。

3つの部分をもつ軽快なワルツ。
出だしのメロディは少し「ヨナ抜き音階」を感じさせ、
また"フクシア・レヴェリ"とも音使いが似ている気がします。

それぞれの部分を明確に弾き分けたい曲ですね。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ミーチャムといえばアメリカン・パトロール!という先入観から
この曲集も「アメリカ臭いかな?」と勝手に想像していましたが
弾いてみると初学者のための純粋なクラシック曲だったので少し驚きました。

ミーチャムはこの他にも、こうした舞曲形式をもとにした
中級者向けのピアノ曲を多数作曲しているようです。


たぶん2013年最後の録音になりますが、何でミーチャムなのかは自分でも解りません(笑)
見つけてしまったら弾かずにはいられない的な。

今回動画内に使用した素敵な写真はいづれもAkinoAnnさんの作品を
"写真素材 足成"さんよりお借りしました((っ´ω`)(´ω`c))

category: ミーチャム,F.W.

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  F.W.ミーチャム 
tb: 0   cm: 6

△top