あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

カリフラワー"Romanesco natalino"収穫 

 

最近になると花粉がスゴイみたいで、昨日も外に出ていたせいかなんだか調子が変です~(´ω`)

桜の枝も遠くから見るとなんとなくピンク色になってきて、これからは暖かくなるのですね~。


で、記事が連続しますが、カリフラワーのロマネスコを4日に一つ収穫しました。


20170306a.jpg


少し紫になってきた部分があったので、とうが立ったか何かで

おいしくなくなるのではと急いで採ったのです。

しかしよく考えると、カリフラワーというのは遮光して美しい白にする工程があります。

今回は放任で育てたので日に当たった部分が着色しただけだったのかも。。。


20170306b.jpg

ですが、大きさは幅約15cm弱、高さ約10cmとちょうどいいサイズなのだとか。

塩茹でで頂きましたが、茹でてもちゃんと形を保ってておいしかったです~。


あまり馴染みのない種で情報が少なくて栽培が難しいイメージですが

育ててみると普通のカリフラワーと似たような感じなのではないでしょうか(^▽^)

ただ普通のよりも栽培期間が長くかかるようです(汗)

category: にっき(畑)

tag: 日記  野菜  ロマネスコ 
tb: 0   cm: 0

△top

カリフラワー"Romanesco natalino"の経過 

 

先月末日の2月28日にタマネギの最後の追肥が出来ました。

1,2,3月の1日を基準に追肥。

マルチシート栽培は良く育ちますが追肥や草取りが大変です(汗)


で、肥料をやり過ぎて失敗したと思っていたカリフラワーですが

花芽が大きくなってきたので写真を撮りました!逆光ですが(笑)


その、、、イタリア野菜の種子だったのですが、













20170302b.jpg
存在感がすごい。


20170302a.jpg

ロマネスコというカリフラワーです。品種名"R. natalino"は"クリスマスのロマネスコ"でいいのかな。

なので12月の末には収穫できるかと思ってたのですが、種子のパッケージも外国語表記で

イタリアと日本では気候も違うでしょうし、温暖化もありますから説明通りにはいきませんよね~。

味も気になりますが、それよりも見れば見るほど幾何学味がすごいです。

上下の写真のロマネスコは隣り合って植わっていて、茎が曲がりやすいのもあって

株間が30cmもないのですが、せめぎ合いながらも、両方ともきれいに花芽が出来ています。


Amaz〇nで購入しましたが、種子の個数も多くて、しっかり育ってくれたので

残りの種も、また今年芽が出てくれれば、たくさん作りたいですね😉

category: にっき(畑)

tag: 日記  野菜  ロマネスコ 
tb: 0   cm: 0

△top