あたらし(o-ω-o)

雑食音楽好きの日々です(・ω・´ 自分の日々のgdgdや、歴史に埋もれてしまった作曲家の再発掘・紹介など

自分の録音のツギハギ方法(笑) 

 

前回の「森のこだま」の録音で事前にツギハギをするかもと言っていましたが
しっかりと2か所継いでます(^▽^;)

今日は、この機会にツギハギの仕方をメモしておきます~φ( ・`д・´)メモメモ...


少しゴチャゴチャした説明なので畳みますね(笑)

-- 続きを読む --

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 0

△top

ボンダジェフスカ:森のこだま(朝のさえずり) 

 

今回は「乙女の祈り」で有名なポーランドの作曲家・ピアニスト、
テクラ・ボンダジェフスカ(183?-1861)の「森のこだま(朝のさえずり)」をなんとか弾いてみました。



主題は変ロ長調の2/4拍子。大きく分けてABAの3部形式。

前奏は1羽の鳥のこだまが響いている様子(Echo.とあります)です。(0:00)

A部主題aは小鳥のさえずりとカッコウ(?)が交互に現れながら進行します。(0:27)
少しポルカの様な印象ですね。A部中間部bはオクターブ間でこだまが交互に現れます。(0:56)


中間部B部ではホルンの音色がいきなり力強く鳴り響きます(笑)(1:48)

A部は変ロ長調(♭2コ)。B部に入ると変ホ長調(♭3コ)になりますが
B部繰り返しで変ト長調(♭6コ!)に転調します。(2:18)
少し遠めの転調をしただけですが感動的な効果があり、またいかにもロマン派的です。

B部後半は森を進んで行くホルン、狩人たち?のような印象。(2:49)
そして、去って行ったと思ったら、極めつけのホルンが鳴らされます(笑)


森が静まった後、再現部に入り、鳥の歌が再開します。(3:40)

コーダも交互に32分音符の華やかなパッセージが現れます(5:08)が、演奏では力尽きてます(汗)


- - - - -

めちゃくちゃ目が回る曲でした。

本当、両手の跳躍が多く、鍵盤がどこにあるのか、みたいになりました。
拍感、ミスタッチ、音圧(?)等失礼しましたー(´▿`;)

個人的にこの人の名前はバダルジェフスカの表記の方が馴染み深いのですが
発音サイトで確認したら確かにボンダ-と聞こえます。ボンダ...

副題?の"Carollings at morn"の"Carol"は"鳥のさえずり"の意味もあるようで
"morn"はmorn-ingの古い形で"朝"。。。ムム。


ボンダジェフスカはサロンのピアニストだけあって、他のどの曲でも難しい箇所がありますが
作品として面白く華やかな場面があり創作の意欲が感じられます。
ピアノの腕に自信がある方には、ぜひ魅力を引き出してほしいと思う作曲家です。

category: あたらし作曲家紹介

thread: 今日の1曲 - janre: 音楽

tag: 音楽  あたらし作曲家紹介  T.ボンダジェフスカ 
tb: 0   cm: 0

△top

今日の日記(03/18) 

 

最近は新たな録音に挑戦していますが、全然良いテイクが録れずです(´・ω・`)

ツギハギ録音になる予定です。レベル的には中~上級曲なのですが、練習不足かなぁとか。

練習はアップライトで、録音は音質重視でデジピです。

ので、タッチ以前に、鍵盤の高さの違いの問題があるのかなと思ってます。

コルトーも鍵盤の高さの統一性について、何々cmじゃないとダメ!と

言っているのを、録音になるといつも思い出します(笑)


今日の夕方はギター制作・修理で有名な暗中模索さんの番組がTVでしてましたね。

個人的に昔はサイトをよく見させてもらってた時期がありましたが

本当に制作記事に出ていた楽器がTVでも出ていたので、凄いなぁと思いました。

ちゃんと壁に掛かっていて、どれもなんか見覚えがある!みたいな。



ところで、ビル・エヴァンストリオの新盤(!)がいよいよ発売になるみたいですね!

約40年前のライヴ録音が残っている。ってバッハやヴィヴァルディの新曲が出てくるのと

同じくらい?ワクワクしますね~😍😍😍

category: にっき(音楽)

tag: 日記  音楽 
tb: 0   cm: 0

△top

カリフラワー"Romanesco natalino"収穫 

 

最近になると花粉がスゴイみたいで、昨日も外に出ていたせいかなんだか調子が変です~(´ω`)

桜の枝も遠くから見るとなんとなくピンク色になってきて、これからは暖かくなるのですね~。


で、記事が連続しますが、カリフラワーのロマネスコを4日に一つ収穫しました。


20170306a.jpg


少し紫になってきた部分があったので、とうが立ったか何かで

おいしくなくなるのではと急いで採ったのです。

しかしよく考えると、カリフラワーというのは遮光して美しい白にする工程があります。

今回は放任で育てたので日に当たった部分が着色しただけだったのかも。。。


20170306b.jpg

ですが、大きさは幅約15cm弱、高さ約10cmとちょうどいいサイズなのだとか。

塩茹でで頂きましたが、茹でてもちゃんと形を保ってておいしかったです~。


あまり馴染みのない種で情報が少なくて栽培が難しいイメージですが

育ててみると普通のカリフラワーと似たような感じなのではないでしょうか(^▽^)

ただ普通のよりも栽培期間が長くかかるようです(汗)

category: にっき(畑)

tag: 日記  野菜  ロマネスコ 
tb: 0   cm: 0

△top

カリフラワー"Romanesco natalino"の経過 

 

先月末日の2月28日にタマネギの最後の追肥が出来ました。

1,2,3月の1日を基準に追肥。

マルチシート栽培は良く育ちますが追肥や草取りが大変です(汗)


で、肥料をやり過ぎて失敗したと思っていたカリフラワーですが

花芽が大きくなってきたので写真を撮りました!逆光ですが(笑)


その、、、イタリア野菜の種子だったのですが、













20170302b.jpg
存在感がすごい。


20170302a.jpg

ロマネスコというカリフラワーです。品種名"R. natalino"は"クリスマスのロマネスコ"でいいのかな。

なので12月の末には収穫できるかと思ってたのですが、種子のパッケージも外国語表記で

イタリアと日本では気候も違うでしょうし、温暖化もありますから説明通りにはいきませんよね~。

味も気になりますが、それよりも見れば見るほど幾何学味がすごいです。

上下の写真のロマネスコは隣り合って植わっていて、茎が曲がりやすいのもあって

株間が30cmもないのですが、せめぎ合いながらも、両方ともきれいに花芽が出来ています。


Amaz〇nで購入しましたが、種子の個数も多くて、しっかり育ってくれたので

残りの種も、また今年芽が出てくれれば、たくさん作りたいですね😉

category: にっき(畑)

tag: 日記  野菜  ロマネスコ 
tb: 0   cm: 0

△top